トップページ春夏帽子秋冬帽子トラディショナル婦人帽子サイズの測り方トラヤ帽子店ご利用ガイドお問い合わせアクセス
Front Style
Back Style
Inside
マイスターの国が育てたマイゼルです
 帽子が馴染んでいる人がいます。あんな風にかぶりたいと思っている人も多いと思います。帽子は靴と似たような所があり、真新しい靴がすぐに足になじまないように、少しづつ慣れていくのです。
帽子もかぶっている月日でどんどん馴染んできます。 自分は似合わないと思っている人のほとんどが、サイズが合っていない事と、かぶり方を間違っているのには驚くばかりです。 
 そこにはサイズ選びが重要なカギになります。ほとんどの方がサイズだけを合わせて、お求めになりますが帽子はクラウン(山の形)とブリム(ツバ)で形成されています。  重要なのはクラウンになります,映画やドラマでも帽子姿が格好良い人は、クラウンと顔の大きさとのバランスが良いのに気づかれるはずです。 
むずかしい事ではありません、顔の大きな方は大きなサイズをかぶります、クラウンが大きいので顔とのバランスが良いはずです、サイズは詰めればよいのです。この方が顔がスッキリ見えるはずです。
 当然の事ながら、かぶり方はご自由です、しかしカッコ良くかぶったほうが、好印象なはずです。  ツバ先は眉がギリ見えるか見えないかくらいまで、深めに被ります 後ろは後頭部あたりりが自然です。正面から見て、左右どちらかに少々傾けたら仕上がりです。

何といってもこのスタイルを見て頂きたいのです。
すでに鍔の形が出来上がっています。鍔幅は6.5〜7cm 前後のツバ型に 両サイドのツバの巻き上がり!この流れるようなツバのラインはマイゼル社の理想的な形と言えます。カラーは三色、ツバの縁には芯が入り型崩れしにくい仕上がりとなっています。 まさに「マイスター」の国が育てた「マイゼル」と言えるのです。 


badge
購入商品合計金額
50,000円以上送料無料
○印在庫あり
△追加生産中 
×完売致しました
cm 01 02 03
57
59 × × ×
61 ×
01:ベージュ 02:ナチュラル 03:ブラック
Copyright (c)1999-2007,ginza-toraya, All rights reserved.
このホームページに掲載の・写真・デザイン・文章・その他のコンテンツの無断転載を禁じます。