トップページ春夏帽子秋冬帽子トラディショナルトラヤ帽子店ご利用ガイドお問い合わせアクセス
Front Style ▲Click
Back Style
Inside
sweat band
洗練されたシェイプが決め手
男が夏にかぶるモノと言ったら、何といってもパナマ帽が秀逸だろう。パナマといえば、細かく編みあげたボディーを良質しとしている。
製品はどれも機械では編めず職人の手でひとつひとつ編まれる。通常、一週間ほどで仕上がるモノもあるが3、4ヶ月かけてジックリ編まれた製品は人の手で編んだと信じがたいほど細かいパナマで、とても高価なのだ。

ボルサリーノ/ミディアム・ブリムのパナマは、「フィノ」といわれる上質パナマを使用している。ツバ幅6cmはクラウンの大きさと抜群の相性。これならスーツはもとより、デニムのパンツにTシャツのようなラフなスタイルに合わせても問題なしのハットだろう。

帽子の効用は、頭と顔を日焼けから守ることは無論の事、顔に影を作り、男前に見せる効果は絶大である。 やや深めに(眉が隠れる程度)かぶり、左右どちらかに少し傾ける。片方の眉が見えるくらいがベター! 表情が出て、男前に見えること間違いなし。


仕様
□brim 6〜6.5cm 
       (サイズが大きくなるとツバ幅も広くなる)
□crown センタークリース&フロントピンチ
□ribbon 黒グログラン
□liner (裏地)なし 
□sweat band グログラン
 ○印在庫あり
 △追加中
 ×完売致しました
56
57
58 ×
59 ×
60
61
62
63

Copyright (c)1999-2007,ginza-toraya, All rights reserved.
このホームページに掲載の・写真・デザイン・文章・その他のコンテンツの無断転載を禁じます。