トップページ春夏帽子秋冬帽子トラディショナル婦人帽子サイズの測り方トラヤ帽子店ご利用ガイドお問い合わせアクセス
Front Style ▲Click
Back Style     
Inside

Front Style
夏の帽子をつまむのはNG!
 お気に入りの帽子とはできるだけ長く付き合いたい、それも良いコンデションで使用したいのも、.回りにツバのあるハットは、できるだけ両手でツバを持ちたい。 片手で山の部分をつまむ人がいます、手で触れる箇所が汚れてしまい、場合によっては切れてしまう事がある。
置くときはツバ全体を上にあげて置く、汗が染みていたら内側のスェット・バンドを出し広げて乾かすようにすると良いでしょう。

 イタリアの歴史ある帽子工房「Tesi」から春夏の帽子が仕上がってきました。パナマよりも軽く、薄く、さらに通気性のある麻の一種でPARASISOL(パラシゾール)と呼ばれる光沢のある素材。
 色気のあるブルーと、品の良いアイボリーの2色にそれぞれ同色のグログランリボンを巻いたセンスの良いハットはツバ幅約5cmと品格ある長さとなっている。
胸を張って粋にかぶりたい、PARASISOLです。
image
 ○印在庫あり 
 ×印在庫なし
01 02
56
58 ×
60 ×

Copyright (c)1999-2007,ginza-toraya, All rights reserved.
このホームページに掲載の・写真・デザイン・文章・その他のコンテンツの無断転載を禁じます。