トップページ春夏帽子秋冬帽子トラディショナル婦人帽子サイズの測り方トラヤ帽子店ご利用ガイドお問い合わせアクセス
Front Style
Back Style      
lining
男が磨かれる 帽子
 かぶる帽子で男の価値が変わるわけではないが、どんな帽子をかぶるかでセンスが現れてくるのではないだろか。
  センスとは中々 磨かれにくいもの、自身がその気になっって追い求めないと、手に入れにくいモノではないでしょうか、人それぞれに、似合うものが違うのです。そこで他人とは個性で勝負します、用意するべきは帽子です、これ一つで格差が生まれます。 当然そこにはかぶり方が大事になってきます。 ツバ先は眉が見えないくらいまでギリギリで深めに被ります、 後ろは後頭部あたりが自然です。正面から見て、左右どちらかにヤャ傾けたら仕上がりです。 そこには、いつもの自分とは違う「男」がいます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
SORBATTI(ソルバッティ)社
1922年に創業し、帽子の生産が盛んなイタリア・モンタッポーネに70年以上工場を構える歴史ある帽子メーカー。設立から3代目となった現在でも帽子産地・モンタッポーネ発、イタリアンメイドにこだわり続けています。
購入商品合計金額
50,000円以上送料無料
○印在庫あり
△追加生産中 
×完売致しました
cm 01 02
57 × ×
59 ×
61 ×
01:グレー系  02:ベージュ系
Copyright (c)1999-2007,ginza-toraya, All rights reserved.
このホームページに掲載の・写真・デザイン・文章・その他のコンテンツの無断転載を禁じます。