トップページ春夏帽子秋冬帽子トラディショナル婦人帽子サイズの測り方トラヤ帽子店ご利用ガイドお問い合わせアクセス
Front Style
Back Style
lining
お洒落にマリーンキャップ

 1857年、北イタリアの地方都市〈アレツサンドリア〉で帽子工場を設立以来、ボルサリーノの名前は帽子の代名詞となるほど、広く知られるようになりました。
 帽子は大きく分けてキャプとハットに分かれます、帽子の前面にツバのあるモノ、もしくはないモノをキャップ、全体にツバがあるものをハットと呼びます。 ハットをかぶると身構えてしまうのなら、キャップには気楽さがあります。 同じキャップでも野球帽はかぶりつくしたというあなたに、お勧めが
「マリン・キャップ」これぞ大人の男性にぴったりのアイテムではないでしょうか
 地域によって「キャプテン」「セーラー」とも呼ばれヨーロッパの沿岸部の男たちにかぶられ、総称して「マリンキャップ」呼ばれています。 中高年になると貫禄がついて頬に肉が付き、下膨れのように見えてきます。そんなとき、天井に余裕のあるこのキャップをかぶると、顔が締まって小さく見えるから不思議です。
それがボルサリーノのマリンキャップなら、
手放せなく、なるかもしれません。

○印在庫あり
57 59
01

Copyright (c)1999-2007,ginza-toraya, All rights reserved.
このホームページに掲載の・写真・デザイン・文章・その他のコンテンツの無断転載を禁じます。