トップページ春夏帽子秋冬帽子トラディショナル婦人帽子サイズの測り方トラヤ帽子店ご利用ガイドお問い合わせアクセス
メンテナンス

帽子のお手入れ方法

フェルトのメンテナンス

帽子についた埃は純毛のブラシで必ずケバに沿って(真上から見て時計と反対方向)ブラッシングをして下さい。帽子が汚れていると、雨の雫がシミをつくり、とれなくなります。
フェルトハットに雨がしみたら、早めに乾いた清潔なタオル等で、かるく叩きながら水気を吸いとるようにします。 もしツバが垂れていたら、もとのように戻して平面なところで陰干しします。 表面が乾きましたら、裏返してスェットバンドを出しひろげ、乾かします。

帽子の汚れは価値がさがります。表面に付いたモノは、消しゴムでケバに沿って軽くさするようにします。汗の多い日は内側のスェットバンドをこまめに拭いて下さい、表面に汗が染みでるのを防ぎます。

フェルトハットをしまう場合は、陰干しを完全にした後、ツバをもとに戻します。箱にいれる場合は防虫剤を必ずいれます、湿気は大敵です、湿気の少ないところに保管して下さい。

帽子を重ねることは避けて下さい。上にのせた帽子の内側の汗、整髪料が下の帽子を汚し形も崩してしまいます。
パナマのメンテナンス 

パナマ・ハットは若葉を裂いて編みこんだものです。取り扱いは丁寧なほど長持ちします。 折れたり、切れたりしますと元に戻りませんので、ご注意ください。

帽子についた埃は清潔なブラシで編目の汚れを早めに落としてください。雨の雫がシミをつくる原因になります。

パナマに雨がしみたら、早めに乾いた清潔なタオル等で、かるく叩きながら水気を吸いとるようにします。 ツバの形を整え、平面なところで陰干しの後、裏返してスェットバンドを出しひろげ、同様に乾かします。 

汗の多い日は、内側のスエット・バンドと額の汗をこまめに拭き取って下さい。

パナマを保管する場合はツバを元に戻し陰干しを充分した後、湿気の少ないところに保管して下さい。
 
帽子を重ねることは避けて下さい。上にのせた帽子の内側の汗、整髪料が下の帽子を汚し形も崩してしまいます。
Copyright (c)1999-2007,ginza-toraya, All rights reserved.
このホームページに掲載の・写真・デザイン・文章・その他のコンテンツの無断転載を禁じます。